生活していく上で歯科は大切で、いい歯医者の条件は腕が良い、説明する謙虚さ、誠実、清潔感などが必要です。

生きていく上で大切な歯医者の存在
生きていく上で大切な歯医者の存在

生活していく上で歯科は大切でいい歯医者はもっと大切です

生きていく上で大切な歯医者の存在
私達人間は動物ですから、そのエネルギーを得るために食物を食べなければ生きていけません。すなわち食べることが生きることと言っても良いでしょう。その時に、丈夫な歯で食物を食べられたらこんなに良いことはありません。ですが、歯も消耗品ですからメンテナンスが必要な場合もあります。そんな時に、頼りになるのが歯科医と言うことになります。そしていい歯医者に出会うことが大切になります。歯科医は個人個人によって技術の差があります。私も何人もの歯科医に治療してもらってきましたが、治療する場所が脳に近いわけですから、この人はうまいなとか、下手だなと言うことがおのずともわかってしまいます。幸いにも現在お世話になっている歯科医は技術的にしっかりしています。ですがそれだけは、いい歯医者と言い切れません。それはどんなに腕が良くても、患者への治療の説明や、進行状況を明確に説明してくれることも大切だからです。また、患者と近い部分で接するわけですから、誠実で謙虚な態度や清潔感も必要だと言えます。

またそれは、歯科クリニック内のすべてのスタッフにも言えることです。どんなに歯科医が親切で腕が良い人でも、スタッフの歯科衛生士や歯科助手、受付の人が傲慢であったり教育が行き届いていない場合は、そのクリニックは良いとは言えません。これらのことを私が通っているクリニックではクリアできています。ですから安心して治療してもらっています。では、このようないい歯医者をどのように見つけたかと言うと、私の場合は知人による紹介でした。それは引越してきたばかりの時で、歯痛が起こり、飛び込みでどこかに行こうかと思ったのですが、信頼のおける知人が同じ地域に住んでいるのを思いだしたのです。ですからもし、どこの歯医者に行ってみれば良いかわからない場合は、友人知人に紹介してもらうのも一つの手段です。また、そのような人がいない場合は、大家さんや不動産屋など地域に精通している人に聞いてみるのも良いでしょう。

注目情報

Copyright (C)2014生きていく上で大切な歯医者の存在.All rights reserved.